アルギニンと深く関係があるオルニチン

肝臓との深い関係にあるオルニチンについて、多くの方々がその大切さを理解するようになってきています。
肝臓で活躍するアミノ酸であるこの成分は、肝臓の働きを保つ、疲労回復効果があるなど、たくさんの有用な働きがある事で知られています。

もともと私たちの体内に存在する成分で、通常のアミノ酸とは違い、遊離アミノ酸と呼ばれる種類です。
体内のたんぱく質の中に存在するのではなく、血液に溶け込んだ状態で存在し、肝臓でのアンモニア解毒などに深くかかわっている重要な成分です。

このオルニチンと密接な関係にある成分があります。
「アルギニン」です。
アルギニンもアミノ酸類の一種で、同じく遊離アミノ酸の一種です。
アルギニンは血管に深く関係し、血管を拡張し血液が流れやすくしたり、体内のアンモニアを除去する等の働きを持っています。

サプリメントなどの中にはオルニチンとアルギニンが共に配合されたものが多くなっています。
アルギニンも私たちの体にとって有用な働きをするものです。
でも、この成分は単体で体内に入った場合、オルニチンに変換されてしまいます。
アルギニン本来の働きとなる、血管を強くするという働きが発揮されにくくなってしまうのです。

そのため、変換される量を少なくするためにオルニチンと共に摂取すると望ましいとされています。
またこの二つの成分は成長ホルモン分泌に深い関係を持ち、正常な量が体内に存在しない状態は、老化現象を促進してしまうという事もあるので、共に配合されているサプリメントなどが多くなっているのです。