オルニチンに副作用の心配はないの?

オルニチンは、肝臓の働きを良くしてくれる、疲労回復効果がある、新陳代謝を活発にし元気な体を作ってくれるなど、健康のために素晴らしい効果を発揮してくれる成分として知られています。
最近はお酒をよく飲まれる方や、朝すっきり目覚めることができない、疲労がなかなか取れないという方など、オルニチンサプリメントなどを積極的に摂取されています。

ここで気になるのが、副作用です。
まず考えてほしいのは、このオルニチンという成分がどのようなものなのか、という点です。
オルニチンは、もともと体内に存在するアミノ酸の一種です。
このアミノ酸という成分は、もし仮に過剰摂取となってしまった場合でも、体内に蓄積されるという性質の成分ではなく、体内で必要な分を吸収したら必要ない分は尿と共に体外に排出されるという成分です。

つまり、たくさんのオルニチンを摂取したとしても、通常、体外に自然に排出される成分ですから、副作用などの心配はないと考えられます。
ただ、体質やその時の体調もありますし、あまりにも過剰摂取した場合、下痢などを引き起こしたという報告もありますので、サプリメントに書かれている目安量をよく確認し、その量を守って摂取していくといいでしょう。
オルニチンに関しては、アミノ酸というもともと体内に存在する成分であること、また自然と排出されるという点から見ても、通常の摂取によって副作用が起こる心配はほとんどしなくてもいいと考えられます。