オルニチンで肝臓の機能を向上させる

人の体の中で化学工場といわれる肝臓は、無言の臓器と呼ばれるほど辛抱強く、何か不調があってもなかなか自覚症状を起こしてくれない臓器です。
自覚症状が起こった時にはかなり肝臓が悪い状態という事が多いので、健康診断等をまめに行うしかありません。
肝臓が悪くなってしまえば解毒や代謝などに大きく係りますので健康被害も大きくなってしまいます。
そんな肝臓の機能をサポートしてくれる成分がオルニチンです。

肝臓の機能は代謝、解毒、エネルギー産生などがありますが、特に解毒は私たちの体にとって重要な作用です。
体内から毒性のある物質をそのほかの物質に変換し、毒性を極力弱くしてくれます。
中でもアンモニアの解毒は必須です。
グルタミンを生成するために必要不可欠な物質ですが、体内にアンモニアが多くなると非常に危険な状態になってしまいます。

肝臓はアンモニアを尿素に変換し排出することで解毒を行うのですが、この解毒に貢献してくれるのがオルニチンです。
オルニチンサイクル(尿素回路)と呼ばれるシステムに欠かせない成分がオルニチンなんです。
オルニチンの作用によってアンモニアは解毒され、このシステムで利用されたオルニチンは別のアミノ酸になるのですが、再度オルニチンに戻されるという回路を持っています。
肝臓機能への小さい助けではなく、肝臓機能が潤滑に行くようにその一端を握っているのがこの成分なのです。