オルニチン効果は血液によって運ばれる

私たちの体の中にはアミノ酸が存在しています。
通常、アミノ酸というのは、体内のタンパク質内に存在しているものです。
アミノ酸の一種に肝臓機能を強化する人気の成分オルニチンがありますが、このオルニチンは通常のアミノ酸とは違いタンパク質内に存在していません。

オルニチンは、遊離アミノ酸と呼ばれるアミノ酸の一種で、血液の中に溶け込むように存在しています。
通常タンパク質として働くのがアミノ酸ですが、遊離アミノ酸の場合、一つ一つのアミノ酸として働きます。

食べ物やサプリメントから体内に摂取されたオルニチンは、腸で吸収され各臓器に移行します。
血液内に溶け込んだ状態で移動しそこで働くのですが、特に肝臓内のオルニチンサイクル、尿素回路と呼ばれるシステムには欠かせないアミノ酸です。
また、オルニチンは機能が低下した肝臓を保護する、肝臓のタンパク質合成の働きを強化するという働きも持っています。

血液の中に溶け込み、タンパク質としてではなく一つ一つがアミノ酸として働く要素を持っているからこそ、オルニチンは様々な効果を発揮するのです。
肝臓は無言の臓器と呼ばれ、肝機能が弱くなってもなかなかその症状を表しません。
そのため、日頃から肝機能を保護、強化するオルニチンを摂取し、肝臓の健康に気を配っていきましょう。