オルニチンは生活習慣病の予防にも貢献している

高血圧、糖尿病、動脈硬化など様々な病気を引き起こす要因となる症状を生活習慣病として、予防や対策が練られています。
食べ物が豊かになり、どこでも食べ物を手に入れることができるようになった現代は、過食、飽食を作り出し、脂質の多い食事や塩分の強い食事によって、こうした様々な症状を引き起こしています。

それぞれの生活習慣病には、自覚症状がありません。
高血圧や糖尿などがかなり進み、お薬や治療が必要な状態になってやっと、自覚症状が出てきます。
そのため、企業の健康診断等では、生活習慣病を早く見つけ、初期の段階でしっかり改善するという健康指導を行うところも多くなっています。

生活習慣病にならないように、また予備軍から脱するために注目されている成分がオルニチンです。
肝臓機能の強化、疲労回復効果などが注目されている成分ですが、オルニチンはコレステロールを減少させたり、糖代謝を正常化するサポートをおこなったり、血液の流れを良くするなどの効果がオルニチンにはあります。

しじみに多く含まれている成分ですが、1日に必要な量がどうしても足りなくなるので、生活習慣病予防に利用される際には、サプリメントなどで積極的に摂取していくことが必要です。
心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病や腎臓障害など大きな病気になる前に、しじみで生活習慣病を予防し、健康的な毎日を過ごしていきましょう。