オルニチンに関係している協和発酵バイオ

オルニチンは今、健康ブームにのって注目が集まっている成分ですが、もっと古くからこの成分に関しての研究を進めてきた企業があります。
それが、協和発酵バイオです。
しじみに含まれるアミノ酸に注目し、中でもその一種であるオルニチンは、生活習慣の乱れた現代人に欠かせない成分である、という事を解明してきました。

協和発酵バイオは1956年に世界初となる発酵法という方法でアミノ酸の工業生産化を成功させました。
つまり、オルニチンなどのアミノ酸類について世界的にも専門知識を培ってきている企業という事です。
医療用アミノ酸のパイオニアと呼ばれる協和発酵バイオが健康のために幅広い方々が利用できる商品として、オルニチンサプリメントを作りました。

協和発酵バイオのオルニチンは、味噌など発酵食品同様に、微生物による発酵の力を利用し商品を作っています。
化学合成したものではなく、古くから食品類で自然に行われてきた発酵という力を利用した安全性の高い商品なのです。
1粒にしじみ300個分相当というオルニチンを凝縮させた質の高いサプリメントは、多くの方々が健康のため、美容のために利用されています。
8mmという小さい粒、しかも錠剤の形状、角度が穏やかなので喉に引っかかりにくく作られています。
様々な面で繊細に作られた商品が人気なのも、長い間の研究によってアミノ酸のパイオニアと呼ばれるようになった企業の努力です。