オルニチン効果でお酒を楽しく飲む

オルニチンはお酒をよく飲む方に効果があるとして紹介されることが多いです。
なぜお酒をよく飲む方にオルニチンが効果的なのか、というと、解毒作用があるからです。
肝臓は解毒、代謝、また消化液を作る、さらにエネルギーを貯蓄するという働きがありますが、オルニチンサイクルという尿素回路によって解毒に欠かせない成分なのです。

オルニチンは遊離アミノ酸の一種で、通常のたんぱく質とは異なり血液内に溶け込んだ状態で体内に存在しています。
オルニチンを食品やサプリメントから摂取すると、タンパク質の中で働くという事ではなく、そのままの形で必要とされる臓器内に向かい働くという特殊なアミノ酸なのです。

解毒の際にはオルニチンサイクルによって体内の有害物質となるアンモニアを尿素に変換するという働きをしています。
つまり、肝臓の解毒の働きには欠かせない成分というわけです。
このアンモニア解毒が行われるからこそ、継続的に摂取していると肝臓の機能が向上した状態が継続できるため、二日酔いにもなりにくい、と言われているのです。

また肝臓がオルニチンによって強化されていると、血中アルコール濃度の上昇が穏やかで、下降していくスピードは速くなります。
つまり、酔いにくく冷めやすいという事です。
お酒をよく飲まれる方は、オルニチンサプリメントなどを継続的に利用し、肝臓を常に保護、強化しておくといいでしょう。
勿論、飲みすぎには注意が必要です。