オルニチンサイクルってどんな構成?

オルニチンは肝臓のサポート成分として知られていますが、肝臓にとってはパートナーとも言うべき成分です。
体内に摂取されたオルニチンは、血液から遊離アミノ酸として肝臓内に入ります。
肝臓の細胞内に入るとアンモニアを解毒する代謝回路、「オルニチンサイクル」と呼ばれる尿素回路の一部を構成します。

体内で害となるアンモニアは排除しなければなりません。
そのためにオルニチンサイクルでアンモニアを害のない尿素に変換する事が必要です。
その回路の一端を担うのが、オルニチンというわけです。

このサイクルは尿素回路とも呼ばれます。
それは肝臓の幹細胞内でアンモニアを解毒、無害な尿素という成分に変換し体外に排出すると再度幹細胞内に戻っていくという一連のサイクルを持っているからです。

幹細胞内にはミトコンドリアがたくさん存在しています。
このミトコンドリアは、人が生きていくために必要なエネルギーを産生します。
オルニチンサイクルがオルニチンの摂取によって活性化すれば、ミトコンドリアの働きも活動的になり、さらに肝臓機能の働きを高くしてくれるのです。
やはり肝臓にとって、オルニチンは欠かせない成分という事がわかります。

食品から1日に必要な量を摂取するというのは難しいことです。
そのため、サプリメントなど補う方法を得ておくと、健康にも美容にも役立ちます。