オルニチンが摂れない人の特徴

健康効果が高く、多くの方々が利用されているオルニチンは、特に毎日お酒を飲むという方には魅力的な成分です。
肝臓機能への働きかけが強く、無言の臓器と呼ばれる肝臓の働きを強力にバックアップしてくれることで知られています。
でも実は、この魅力的なオルニチンを摂取できないという方々もいるのです。

実はすでに肝臓の機能が低下し、何らかの病気を引き起こしているという方々は摂取できません。
例えば、慢性化年や肝機能障害、さらにはC型肝炎を患っている人などです。
なぜこういった病気になってしまった方々は、オルニチンを摂取できないのでしょうか。

肝臓という臓器は血液の材料となる鉄分を豊富に蓄積しています。
正常な肝臓は、必要な量を肝臓内に蓄積させているのですが、慢性肝炎など肝臓に障害を持ってしまった方の場合、肝臓内の鉄分量が異常に高くなってしまうのです。
鉄分量が多くなるとそれによって活性酸素が非常に多くなり、このことが症状を悪化させる可能性が高くなるため、オルニチンなどのサプリメントはもちろんのこと、しじみ、レバーなどの食品類もあまり摂取しないほうがいいのです。

オルニチンサプリメントはしじみエキスから作られていますので、しじみのそのほかの成分も配合されています。
鉄分も非常に多く貧血などをお持ちの方にも効果的なサプリメントとなりますが、鉄分の摂取を控えることが必要な肝臓の病気を患っている方々は注意が必要なのです。