オルニチンで疲れ知らずの毎日

肝臓に対して高い効果があるとされるオルニチンですが、その他にもたくさんの有用な効果があります。
その中に、疲労からより早く回復させるという効果もあります。
この効果は、オルニチンの肝臓での働き「オルニチンサイクル」によって得られるものです。

疲労は肉体的な疲労と精神的な疲労がありますが、その両方の疲労に作用するのが蜆オルニチンです。
体内に有害なアンモニアは、肝臓のオルニチンサイクルによって解毒が進み、この解毒を行う事で疲労回復が望めるのです。
アンモニアというのは、人がエネルギーを生み出す際にどうしても生まれてしまう老廃物ですが、このアンモニアが体内に多くなると、人は疲れやすくなります。
このアンモニアを解毒するのが肝臓です。

肝臓ではオルニチンサイクルによってアンモニアを無害な物質に変換するのですが、その際、オルニチンが必要となるのです。
体内にオルニチンが少なくなれば解毒を行うシステムに支障が出て疲労しやすい体になってしまうのです。

このオルニチンサイクルでの働きのほかにも、ストレス軽減効果、さらには、気分を改善するという効果もある事が実験等によって明らかにされています。
病気しているわけではない、特に疲労するようなことをしていないのに疲労が取れない、朝すっきり起きることができないという方は、オルニチンを継続的に摂取してみるといいでしょう。